ThousandEyes の技術が Cisco の力に.   もっと詳しく知る →

ソリューションの比較

ThousandEyes の違い

ハイブリッド デジタル エコシステムの可視化

進化する IT 環境に歩調を合わせて

IT の特定の領域 (ネットワークやアプリケーションなど) にのみ主眼を置く、あるいは内部環境の情報しか提供しない従来の監視ツールとは異なり、ThousandEyes は包括的なアプローチを採用しています。マルチレイヤーかつクロスドメインの監視を実現することで、デジタル体験の全体像を提供し、企業 WAN からインターネットやクラウドまで、あらゆる依存関係を可視化します。サービスが企業の内部または外部のどちらで提供されている場合でも、ThousandEyes はネットワークやアプリケーションのレイヤーを越えた可視化を実現します。

NPM APM
アプリのコードやサーバー、ネットワークの保有が不要
ユーザ体験とインターネットの依存関係の相関を把握
単一ペインでマルチレイヤの相関関係を把握
アプリ、サーバー、ネットワークドメイン(例:SaaS アプリとクラウドプロキシと ISP)の問題を切り分け
SD-WAN を展開する前に ISP とクラウド セキュリティ ベンダーを評価
BGP ハイジャックやルートリークの検知
DNS の可用性、応答、完全性のモニタリング
インターネットに関する集合知とサービス停止の検出
エンドユーザー体験モニタリング
双方向のマルチレイヤの可視性を簡単に共有
インターネット上やトップクラウドプロバイダーに分散しているグローバル監視ポイント
受動的ネットワークデータ(PACAP、フロー)
アプリケーション コード インジェクション

外の世界に飛び出してクラウドでさらなる成長を

Subscribe to the ThousandEyes Blog

Stay connected with blog updates and outage reports delivered while they're still fresh.

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail