Webex Meetings の接続で発生しているユーザ体験の問題を、エンドツーエンドでリアルタイムに可視化

今日のハイブリッドな就労環境では、ビデオ会議や VoIP 通話の機能を備えたコラボレーション アプリケーションが生産性向上に不可欠なものとなっています。そして、さまざまな場所で働くモデルへの移行が進むなか、その重要性はますます高まっています。場所を問わず働けるようになった今日、インターネットはユーザとアプリケーションの間でパフォーマンスの問題を発生させる集合体へと変化しました。IT 部門にとってその鍵を握るのは、Webex の環境とデバイスを監視できる能力です。

ThousandEyes Webex エージェントで実現する広範囲かつ双方向の可視性

ThousandEyes と Webex の連携が、Webex 環境の双方向の可視化とネットワーク監視を可能にします。ThousandEyes の監視ポイントを Webex データセンターに組み込み、Webex Control Hub と統合することで、ユーザーの拠点から Webex サービスまでの通信経路の状況を IT チームがエンドツーエンドで可視化できます。これにより、問題の特定と対処を迅速に行い、優れた Webex 体験を実現できます。

Cisco ThousandEyes and Webex® are joining forces to combine bi-directional visibility and network Webex monitoring

SaaSの接続状況とアプリケーション パフォーマンスを行き帰りの経路で確認

  • ネットワーク経路を順方向でも逆方向でも可視化し、問題箇所を切り分ける
  • パフォーマンスを監視し、投資家との会議やウェビナーのような重要なイベントの前に問題を未然に修正する
  • Real-time Transport Protocol(RTP)ストリームテストに Cloud Agent と Enterprise Agent を使用して、エンドユーザー体験をプロアクティブにシミュレート
  • 平均オピニオン評点(MOS)、遅延、損失、ジッター (Packet Delay Variation, PDV)、廃棄など、主要な体験指標を追跡

ThousandEyes + Cisco RoomOS デバイス

ThousandEyes Endpoint は、Cisco RoomOS デバイスのファームウェアに組み込まれており、Webex Control Hub を介して起動することができます。各デバイスのネットワーク経路をかつてないほど可視化し、IT チームがコラボレーションに影響を与える問題をプロアクティブに検出・解決できることが特徴です。

コラボレーションに関して、組織全体の分析情報を得る

  • 損失、遅延、ジッターなどの主要なパフォーマンス指標を分析し、ネットワークのボトルネックを特定
  • コントロールハブのダッシュボードでは、各 Cisco RoomOS デバイスの正常性、接続状況、およびネットワークパフォーマンスを直接監視できます。
  • ThousandEyes の自動セッションテスト、スケジュールテスト、インスタントテストを使用して、ネットワークテストを効率化できます。
$twmsbsWidget.mediaImage.alt
統合

ThousandEyes + Cisco RoomOS デバイス

Webex 会議について細部まで分析した ThousandEyes Endpoint Agent のデータを、Control Hub で参照可能

Cisco RoomOS Device
Webex by Cisco における ThousandEyes の統合
ThousandEyes は、Webex 接続を細部まで可視化することで改善領域を特定し、問題解決時間を短縮できる包括的な Webex モニタリングソリューションを提供します。詳しくは続くチュートリアルをご覧ください。
概要
Webex を双方向で可視化する ThousandEyes Cloud Agent
このチュートリアルでは、Webex および Webex Calling 向け ThousandEyes Cloud Agent に重点を置きます。これらのエージェントを使用して、サイトと Webex インフラストラクチャ間のネットワークのパフォーマンスと接続を双方向でテストできます。
双方向の可視性
Webex Control Hub における ThousandEyes の統合
このチュートリアルでは、ThousandEyes と Webex Control Hub の統合により、Webex Meetings の統計情報とともに包括的なネットワークメトリックとパスの可視化が提供される方法をご説明します。
Webex Control Hub
Cisco RoomOS デバイス向け ThousandEyes Endpoint Agent
このチュートリアルでは、ThousandEyes Endpoint Agent と Automated Session Testing を使用して、Cisco RoomOS などのデバイスと、Webex などの重要なコラボレーション アプリケーションへのデバイスの接続を動的にマッピングしてモニターする方法について説明します。
Cisco RoomOS
ソリューション概要

Webex モニタリング

ThousandEyes Webex エージェントを導入すると、ネットワークパス全体の可視性が向上するため、ユーザに影響を及ぼす問題の迅速な解決と、根本原因の特定を行えます。ユーザが影響を受ける前にプロアクティブな対策を講じ、パフォーマンスを改善することも可能です。

ThousandEyes Webex Agents enables visibility into the entire network path so IT can resolve user-impacting issues quickly
あらゆる場所のデジタル体験を保証する、ThousandEyes の最新技術
ThousandEyes and Webex expands service visibility into user journeys and enables IT staff to deliver optimum Webex experience
Webex を広範に可視化し、ハイブリッドワークの体験を最適化

ThousandEyes が選ばれる理由

問題の根本原因を分析によって正確に特定

分散したワークフォースのアプリケーション、ネットワーク、エンドユーザ環境などで Webex の問題が発生した際に、障害ドメインを短時間で特定して分離

主要なブロードキャストイベントの前にテストを実施

市民との対話や役員会といったブロードキャストイベントの前に、Webex 環境でのエンドツーエンドのパフォーマンスをプロアクティブに検証

卓越したコラボレーション体験を提供

IT 運用業務で日常的に活用し、ハイブリッドワークフォースに優れたコラボレーション体験を提供

ThousandEyes で Webex 環境を可視化し、ハイブリッドワークを実現

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail