Salesforce のモニタリングにおける課題

Salesforce の導入には、ネットワークやアプリケーション面で高度なパフォーマンス調整が求められます。そのような難しさを生み出しているのは、インターネットの予測の難しさや Salesforce プラットフォームにおける設定の自由度の高さの両方です。 Salesforce は Microsoft 365 などの他の SaaS アプリケーションとは異なり、「導入後すぐに使用できる」ようにはなっていません。通常は企業のニーズに合わせて開発者の手でカスタマイズされ、マーケティングや販売、カスタマーサービスなどのビジネス機能に適したサードパーティのアプリケーションを利用します。Salesforce は特定のデータセンターから各企業のアプリケーション環境をホストするため、ユーザーの位置もパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

Salesforce の初期展開や構築後の監視、パフォーマンス基準および指標の確立により、包括的な正常性チェックが可能になり、ユーザー体験を最大限に引き上げることができます。そのために不可欠な Salesforce のモニタリングを実現できるのが、ThousandEyes に実装されているアクティブモニタリング技術や、アプリケーション層のデータとネットワーク層のデータとの関連付け技術です。

お客様の拠点やリモートエンドユーザーからの Salesforce の監視

ThousandEyes ならば、従業員が使用する SaaS アプリケーションの提供やパフォーマンスを細部まで可視化可能。リアルタイム通知により、早急に問題を特定したうえで、プロバイダーと協力して遅延問題のトラブルシューティングに費やす時間を削減できます。拠点やデータセンター、コールセンターに簡単にインストールできる Enterprise Agents だけでなく、230 を超える Cloud Agents から SaaS サービスを監視します。

トランスクリプトを読む

Salesforce の可用性や接続の相関関係を把握

Salesforce は多くの大企業にとって不可欠な SaaS ベースのアプリケーションです。元々顧客関係管理(CRM)サービスとして市場に登場した Salesforce は、収益を左右する多くの機能(マーケティング、請求処理、カスタマーサポートなど)に対応した大型のプラットフォームへと発展しました。対応アプリケーションと API 統合からなる一大エコシステムを抱えています。そうした事情によって、効果的に Salesforce は企業の顧客データにとって信頼できる唯一の情報源になりました。ThousandEyes は、Salesforce のパフォーマンスをリアルタイムでモニタリングできる、包括的なダッシュボードを提供。ページロードのウォーターフォールやリアル ユーザー アクティビティ、ネットワーク接続がトポロジで視覚化されるなど、Salesforce の各機能の可用性と接続について把握できます。

ホワイトペーパー

Salesforce のパフォーマンスの監視

Salesforce のサービス提供やアプリケーションのパフォーマンスを監視することで、従業員のデジタル体験の質を確保しダウンタイムを回避する方法をご紹介します。

関連するブログ記事

Salesforce サービスとネットワーク配信のモニタリング
SaaS モニタリングがデジタル化の成功を促進する方法

ThousandEyes が選ばれる理由

Web パフォーマンスの把握

ページロードのタイミングや Web トランザクション全体を評価し、Salesforce 統合におけるサードパーティ要素のパフォーマンスを追跡

ユーザーからクラウドに至るネットワークの可視性

無線、WAN、VPN、プロキシ、その他にはネットワークパフォーマンスの難しい部分についてエンドユーザーのさらなる周辺情報を獲得

いかなる場所の問題もトラブルシュート

Salesforce を使用するチームの拠点や場所で、ローカルの DNS レコードや無線の範囲、ISP の伝送エラーから根本原因を切り分け

今すぐ Salesforce のモニタリングを始めましょう

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail