ThousandEyes の技術が Cisco の力に.   もっと詳しく知る →
On-Demand Webinar
How to Proactively Monitor and Troubleshoot Microsoft Teams Performance

企業ネットワーク内に展開される Enterprise エージェント

Enterprise エージェントは、データセンター、ブランチオフィス、仮想プライベートクラウド(VPC)、仮想ネットワーク(VNet)において、ユーザートラフィックやアプリケーションのトラフィックの送信元となる企業ネットワーク内に展開されるソフトウェア・プローブで、アクティブ監視とパッシブ監視の技術を組み合わせてアプリケーションのパフォーマンスを測定。

企業構内と LAN

デバイス、LAN、サービスプロバイダーのほか、DNS、DHCP、クラウド/SaaS ネットワークなどのサービスの構成要素すべてをエンドツーエンドで可視化。

SaaS のパフォーマンス

Microsoft 365、Salesforce、Webex® をはじめとするビジネスクリティカルな SaaS アプリケーションの可用性とパフォーマンスを監視します。

ハイブリッドなマルチクラウド

データセンターと VPC 間の OnRamp クラウド接続のパフォーマンス、およびリージョン間と可用性ゾーン(AZ)間のクラウドネットワークを監視。

WAN からSD-WAN への移行

移行前の準備状況を監査し、ISP の評価とアプリケーション パフォーマンスのベンチマークを実行し、オーバーレイ/アンダーレイネットワークのパスとパフォーマンスを可視化。

Video

最新の WAN を可視化

最新の WAN は、インターネットに大きく依存。事業継続に影響を及ぼし得る重要な依存関係を把握。

サービスの提供品質とパフォーマンスを関連付けたインテリジェンスなデータ

アプリケーション、ネットワーク、デバイス、インターネットルーティングなどのマルチレイヤ全体で可視性を相互に関連付けることで、アプリケーション パフォーマンスに関する優れたコンテキストを取得可能に。

ネットワークのパスとパフォーマンス

ThousandEyes Path Visualization(パスの可視化) は、SD-WAN オーバーレイ/アンダーレイトンネルを含むあらゆるネットワークで、Enterprise エージェントからサービスのエンドポイントへのエンドツーエンドのネットワークパスのマップを作成し、BGP ルートも視覚的に表示。

アプリケーション パフォーマンス

SaaS アプリや社内でホストされるアプリの使いやすさとパフォーマンスを監視。個々の Web コンポーネントのページロード時間を測定したり、ユーザー操作の複製やAPI ロジックを検証するスクリプト化された複数ステップのトランザクションを利用。

デバイスの正常性

SNMP を使用してスイッチ、ルータ、ファイアウォールをポーリングすることで、インターフェイスのメトリックに影響を及ぼすメモリ、CPU、パフォーマンスといったデバイス正常性を示すデータを収集。

Case Study

質の高いデジタルエクスペリエンスを実現する Squiz社

ネットワーク運用担当者が、ThousandEyes を使用してどのように自社データセンター外にホストされた Web サイトのユーザー接続をきめ細かく可視化できるかについてSquiz 社の CIO である Justin Higgins 氏が説明。

ビジネスクリティカルなアプリのネットワーク依存関係を表示

企業ネットワークに展開された Enterprise エージェントにより、レイヤー 7 からレイヤー 2 までを包括的に可視化して、アプリケーション パフォーマンスから、ネットワークパス、BGP ルーティング、およびネットワークデバイスの正常性に至るまでの問題をすばやく特定可能に。

WAN と社内アプリ

企業のネットワークや WAN 内の任意の場所間の TCP、FTP、HTTP ベースのトラフィックと、ネットワークデバイスの正常性を監視。

SaaS アプリとクラウドアプリ

ブランチやデータセンターに展開される Enterprise エージェントから、あらゆる SaaS アプリ、クラウドアプリ、リモートでホストされるアプリを監視。

Cloud エージェント

Cloud エージェントによる外部ネットワークとインターネットの可視化にトライ。

Endpoint エージェント

Endpoint エージェントによるエンドユーザーデバイスからのデータ可視化にトライ。

お好みのプラットフォームに数分でインストール

Enterprise エージェントは軽量なつくりとなっているため、サーバーからルータ、そして小型機器やノート PC まで、さまざまなプラットフォームやデバイスにインストール可能。ThousandEyes の Enterprise エージェントは、サポート対象の Cisco® SD-WAN  ルーティングプラットフォームと Cisco Catalyst 9300/9400 シリーズ スイッチ上でネイティブに実行可能で、あらゆるネットワークを介して様々なアプリケーションに接続するユーザーのデジタルエクスペリエンスに関するインサイトを即座に取得。

Docker のコンテナ

ESXi、Oracle VirtualBox、Hyper-V の VM

RHEL、CentOS、Ubuntu の Linux パッケージ

事前定義済みの AWS 向け CloudFormation テンプレートを使用した Ubuntu ベースの AMI

Intel® NUC のインストーラ

Cisco Catalyst® 9300/9400 シリーズ スイッチ*、Cisco Catalyst® 8300/8200 シリーズ エッジ プラットフォーム、Cisco 4000 シリーズ サービス統合型ルータ(ISR)、および Cisco Nexus 9500/9300 シリーズ スイッチ**

Raspberry Pi 4 Model B

*Cisco DNA Advantage ソフトウェア サブスクリプションが必要です
**IOS XE バージョン 17.6.1 以降に対応の Cisco Catalyst 8300/8200 シリーズ エッジ プラットフォームと Cisco 4000 シリーズサービス統合型ルータ(ISR)、IOS XE バージョン 17.3.3 以降に対応の Cisco Catalyst 9300/9400 シリーズスイッチ、最新の NX-OS 9.3 リリース以降に対応の Cisco Nexus 9500/9300 シリーズスイッチ

Cloud エージェント

Cloud エージェントは、 ThousandEyes が管理するインターネット全体にグローバルに分散された監視ポイント200 都市に配置され、Tier 1、2、3 の ISP、ブロードバンド サービス プロバイダー、および主要なクラウドプロバイダーの地域データセンターに接続。

Enterprise エージェント

Enterprise エージェントは、データセンター、クラウド VPC/VNET 、ブランチのあらゆる部分を可視化。アクティブ監視に加えて、SNMP ベースの監視、内部ネットワークデバイスの検出やトポロジマップの作成も可能。

Endpoint エージェント

Endpoint エージェントは Mac デバイスと Windows デバイスに展開され、エンド ユーザー エクスペリエンス監視を実行。HTTP およびネットワークの監視テストによって定期的にユーザーモニタリングを実行し、ルーティングパスに関するインサイトも取得。オプションのブラウザベースのプラグインにより、リアルタイム監視も可能に。

ネットワーク監視を今すぐ始めてみる

Subscribe to the ThousandEyes Blog

Stay connected with blog updates and outage reports delivered while they're still fresh.

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail