企業の新たなバックボーンとなったインターネット

顧客や従業員に提供するデジタル体験は、インターネット全体に広がる多数のサードパーティプロバイダーや依存関係の影響を受けています。たとえば、クラウドと Software as a Service(SaaS)のプロバイダー、ISP インフラ、データセンター、サービス用 API などです。このため事業継続は今や、分散が進むネットワークやモジュール式のクラウドファースト アプリケーションをプロアクティブにモニタリングできるかどうかにかかっています。 

しかし、非常に多くのビジネスリーダーや IT プロフェッショナルが、最新の企業ネットワークをビジネス成長にどう活かすかについて考える時間を持てずにいます。従来のモニタリングツールを使用しているため、ボトルネックやパフォーマンス低下の管理に手間取っているのです。こうしたツールは、稼働時間の延長には役立ちますが、IT プロセスの効率化には不向きです。シンセティックモニタリング(模擬トランザクションモニタリング)を行えなければ、基準 / ベンチマーク設定や最適化は、優秀な IT チームにとっても負担が大きいものだからです。

ThousandEyes で提供されるネットワークとアプリケーションの模擬テストでは、デジタルエコシステム全体をエンドツーエンドで可視化することで、WAN に加え、今日の常時接続の世界で重視されるあらゆるアプリケーションとユーザーを把握できます。このテスト支援は、実際のユーザーのモニタリングだけでなく、継続的でリアルタイムな接続性、遅延、ページロードといった指標の取得も可能にするため、サービスレベル契約(SLA)の遵守にもつながります。

サービスネットワーク全体でパフォーマンスを可視化

Cisco ThousandEyes は、ネットワークパス可視化の業界標準となってきました。グローバルネットワーク上のあらゆる 2 点を結ぶパスを、時間相関を示す統合ビューですべて確認できるからです。ネットワーク、アプリケーション、ルーティング、デバイスの各層全体を可視化すれば、エンドユーザー体験に影響を及ぼす可能性のある問題やパフォーマンス低下が IT スタックのどの部分で生じているかを迅速に特定できます。シスコのモニタリングソリューションなら、情報確認が容易なダッシュボードと通知により、Web アプリケーションの応答が遅い原因をすばやく特定できます。

優れたアプリケーション体験を提供

インターネットルーティングはもちろん、ページロード ウォーターフォール、エンドツーエンドのパフォーマンス、パスのトレースを可視化すれば、問題の根本原因を正確に特定して修正し、アプリケーションのパフォーマンスを最適化できます。また、組織が依存する各ネットワークがアプリケーション パフォーマンスのさまざまな側面に与える影響を確認することも可能です。その対象は、ビジネストランザクションからユーザー体験にまで及びます。アプリケーション パフォーマンス モニタリング(APM)ソリューション(所有アプリケーションの機能のモニタリングに有用)に ThousandEyes を連携させると、オブザーバビリティ戦略に重要なソリューションとなります。

EBOOK

デジタルサプライチェーンの変革: インターネットのパフォーマンスでビジネスの成果が決まる

この eBook では、デジタルサプライチェーンに最適なプロバイダーを選択する際に可視性がいかに有用かを概説します。

関係者のコラボレーションを合理化

サービス体験を妨げる障害が発生すれば、ビジネス上、膨大な費用がかかる可能性があります。サービスを迅速に復旧するには、社内関係者ともサービスプロバイダーとも効率的かつ効果的に連携することが重要です。ThousandEyes Sharelinks は、共有可能かつインタラクティブなデジタル イベント スナップショットであり、トラブルシューティングの「共通言語」として機能します。データ主導の客観的な分析に基づくものでもあり、これを通じて、すべての関係者がすぐに同じ認識を持つことができます。また、問題の原因を迅速に特定および調整して、適切な解決策をただちに講じることで、サービス停止の費用を削減できます。責任追及、時間のかかるエスカレーション、過剰な会議などが発生することもありません。

導入事例

Cushman & Wakefield 社におけるサービス提供の最適化

Cushman & Wakefield 社では ThousandEyes を利用して、50,000 人を超える 70 ヵ国の従業員のアプリケーション体験をモニタリングしています。その方法をご紹介します。

製品概要

ネットワークとアプリケーションの模擬テスト

多くのネットワークが従来の境界を越えて広がっています。お客様にデジタルサービスを提供する場合であれ、従業員が SaaS アプリケーションに接続できるようにする場合であれ、サービスを効果的に提供するには、そうしたネットワークに頼らざるを得ません。そのため、今日では、外部ネットワーク、アプリケーション、サービス、エンドポイント全体をエンドツーエンドで可視化することが事業を継続する上できわめて重要です。ThousandEyes を導入すると、アクティブとパッシブ両方のモニタリング技術によって、企業では管理されていないデジタルデリバリチェーン全体でテレメトリを収集できます。

ブランチオフィスからすべての重要なアプリケーションに至る広範な可視化を目指し、一歩踏み出しましょう。

Subscribe to the ThousandEyes Blog

Stay connected with blog updates and outage reports delivered while they're still fresh.

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail