ThousandEyes の技術が Cisco の力に.   もっと詳しく知る →

複雑な SASE には可視性が必要

SASE に移行するにあたり、ワークフォースのデジタルエクスペリエンスを均一に保つためには複数の課題があります。

リモートワークフォース

制御不能な環境にいるリモートワーカーが、自社所有してないアプリケーションに接続。

クラウドベースのセキュリティ

クラウドベースのセキュリティではリダイレクトにより他サービスを経由することが多く、デジタルエクスペリエンスのサプライチェーンがさらに複雑化。

SD-WAN とセキュア クライアント アクセス

セキュアな接続の実現ではインターネットに依存。

SASE 環境をエンドツーエンドで可視化

ThousandEyes は実用的な分析を提供。これを IT チームや運用チームが活用することで、インシデントを迅速に解決し、エンドユーザの UX を改善できます。ThousandEyes で得られる可視性は、ユーザからセキュアエッジ、すべてのアプリケーションに至るまで、幅広く及びます。

アンダーレイネットワークに関する分析

リモートユーザや SD-WAN サイトからセキュアエッジ、さらにはセキュアエッジからアプリケーションサーバまで、アンダーレイネットワーク全体でレイヤ 3 ホップを包括的に確認できます。

$twmsbsWidget.mediaImage.alt
$twmsbsWidget.mediaImage.alt

アプリケーション UX の監視

ページ読み込みのウォーターフォールやメトリックだけでなく、アプリケーションのフロントドアを超えたマルチステップのトランザクション処理を経て、アプリケーションのログイン状況やワークフローといった UX を把握できます。

サービスの依存関係に関する実用的な分析

ISP ネットワークやセキュアエッジ、DNS プロバイダーのサービスの中断を検出し、それらの中断がアプリケーションの可用性、応答時間、ページ読み込みのパフォーマンスに与える影響を確認できます。

$twmsbsWidget.mediaImage.alt

事象結果の共有とサービスプロバイダーとのコラボレーション

ThousandEyes で得られる、証拠で裏付けされた分析情報を活用すれば、問題の原因を迅速に特定し、適任者に迅速にエスカレーションできます。またプロバイダーの管理や関係機関とのコミュニケーション、UX の最適化にも役立ちます。

EBook

「Before You SASE:Optimizing Digital Experience for a Secure Hybrid Workforce(SASE導入の前に:セキュアなハイブリットワーク環境実現のためのデジタルエクスペリエンス最適化)」をご覧ください

この eBook では、SASE の導入を加速させている主な要因や、SASE に伴って発生し得る可視性の課題について考察します。SASE で成功を収めるには最終的にデジタルエコシステム全体に関する分析情報が必要になる理由についてもご説明します。

Why ThousandEyes?

自分自身が所有しているかのように、あらゆるネットワークを可視化できます。

アプリケーション UX を把握できます。

分析情報を基に問題の原因を迅速に特定できます。

ThousandEyes は SASE の下準備を強力にサポートします。今すぐお問い合わせください。

Subscribe to the ThousandEyes Blog

Stay connected with blog updates and outage reports delivered while they're still fresh.

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail