開発者

ThousandEyes から得られるネットワークおよびアプリケーション パフォーマンスに関するインサイトを活用すれば、高度なユースケースを創出できます。

パフォーマンスデータを必要な場所で活用

開発者は ThousandEyes の信頼できるパフォーマンスデータを、これまで以上に多くのオプションを通じて柔軟に活用できます。OpenTelemetryOTel)、ウェブフック、および API のシームレスなオプションを備えた ThousandEyes の開発者向け機能により、高度なユースケースを創出できます。 

API

ThousandEyes API では、ネットワークテストをプログラムによって作成、更新、削除できます。また Terraform プロバイダーを使用することで、アプリケーション展開パイプラインの一部として ThousandEyes のテストとアラートをシームレスに作成・管理し、重要なパフォーマンスモニタリングの運用開始を自動化できます。

Diagram of Test and Active Alerts routing through API Polling to ITSM

Cisco DevNet

Learning Lab シリーズで ThousandEyes API の詳細を確認し、Cisco DevNet の開発者向けドキュメントをご覧ください

Postman Collection

API 定義を備えたすぐに使用できる Postman Collection を活用して、ThousandEyes のエージェント、テスト、構成を作成および管理できます

OpenTelemetry

OpenTelemetry を使用すると、データに対する制御性と柔軟性が向上します。OpenTelemetry 向け ThousandEyes を使用すると、ネットワークメトリクスを標準化された OpenTelemetry Protocol(OTLP)形式で他の OTel 準拠ツールにシームレスにストリーミングできるので、多様なデータセットを強力に可視化して相関を把握できます。

Diagram of the ThousandEyes platform receiving data from multiple sources, processing it, and exporting it to AppDynamics, splunk, and Grafana
Diagram showing a path from Test to Alert, Active Alerts, and then third parties

アラートウェブフック

サードパーティの IT サービスマネジメント(ITSM)ツールや IT 運用(ITOps)ツールへの ThousandEyes アラートの統合を簡素化します。ThousandEyes カスタムウェブフックにより、カスタマイズ可能な JSON ペイロードを使用して、ウェブフックをサポートするあらゆるサードパーティツールに簡単にアラート通知を送信できます。

Terraform

アプリケーション クラウド インフラストラクチャの運用チームは、Terraform を使用して、展開パイプラインの一部として ThousandEyes テストを管理し、アラートを作成し、重要なパフォーマンスモニタリングの運用開始を自動化できます。

Terraform sharing data with ThousandEyes

ネットワークインサイトの取得からビジネス成果の達成まで

開発者は、ThousandEyes をワークフローに統合することで、究極のユーザー体験を実現できます。ThousandEyes により以下が可能になります。

パフォーマンスのボトルネックを把握できるため、アプリケーションを最適化してユーザー体験を改善。

重要なアラートが適切なチームにシームレスに転送。インシデント対応を迅速化し、ダウンタイムを最小化。

アプリケーション展開パイプラインを最適化し、パフォーマンスモニタリングをアプリケーション全体に一貫して効率的に展開。

開発者、運用チーム、その他の関係者間の緊密なコラボレーションを促進し、パフォーマンスの問題をより効果的に特定・解決。

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail