ネイティブデバイスとの統合により、ネットワーク全体でコラボレーションを分析

RoomOS を実行する Webex 対応ハードウェアデバイスでは、コラボレーション体験がエンドユーザー向けに最適化されています。このような環境では、ビデオの遅延や接続障害などの問題が発生し、生産性が低下したり、会議全体のコミュニケーションが妨げられたりする可能性があります。Cisco RoomOS デバイス上の ThousandEyes Endpoint は、Webex Control Hub 経由で起動します。各デバイスのネットワークパスを包括的に表示し、コラボレーションに影響を与える問題を、IT チームがプロアクティブに検出・解決できるようになります。

ネットワークとデバイスの詳細な可視化により、効率的な障害対応を促進

  • 全体的なネットワーク経路の品質と、損失、遅延、ジッターなどの個別の指標を RoomOS デバイスから直接監視することで、コラボレーション体験のパフォーマンスを把握できます。
  • 自動セッションテストを活用して、コラボレーションサービスのパフォーマンスを一貫して監視できるため、中断のないモニタリングと管理オーバーヘッドの削減を実現します。
$twmsbsWidget.mediaImage.alt
$twmsbsWidget.mediaImage.alt

Webex Control Hub で ThousandEyes の指標を参照できるなど、パフォーマンスレポートと障害対応を集約化

  • ユーザーと Webex サービス間のネットワーク経路について、詳細なホップバイホップ形式で表示
  • Webex Control Hub 内のハードウェア使用率(CPU/メモリ)、LAN、Wi-Fi に関するインサイトを活用して、問題が発生しているユーザーやデバイスを正確に特定

統合の仕組みを見る

Cisco RoomOS Device
Play button
Demo   05:21
パートナー様の視点
「ここ数年、シスコはネットワーク機能と Webex プラットフォームの統合を進めてきましたが、それは着実に成果を生み出しています。シスコ製デバイスに ThousandEyes エージェントが組み込まれ、そこからのネットワーク情報を Control Hub 上で確認できるため、お客様にとってネットワークの問題解決と管理が大幅に楽になりました。」
World Wide Technology (WWT)

ThousandEyes によるクラウドとインターネット全体の可視性。

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail