ThousandEyes の技術が Cisco の力に.   もっと詳しく知る →
On-Demand Webinar
How to Proactively Monitor and Troubleshoot Microsoft Teams Performance

Solutions

顧客のデジタル エクスペリエンス

アプリケーションとサービスを中断なく提供

デジタル ユーザー体験こそが最も重要な成果

企業の成功の鍵は優れたデジタル エクスペリエンスの実現の可否が握っていると言っても過言ではありません。顧客と企業との接点はデジタル領域への移行を加速させており、顧客ロイヤルティも以前より流動的になっているため、デジタル エクスペリエンスの重要性は急激に高まっています。そのため、現在の複雑なインターネット環境を理解して、さらに効率よく管理できるように、企業はデジタル エクスペリエンスの監視に力を注ぎ始めています。ThousandEyes は、あらゆるネットワークにおける Web アプリケーションの状況を先を見越して可視化、事前に問題を発見し、すばやく原因を特定して解決することで、期待されるデジタル エクスペリエンスが実現し、顧客離れを抑えることができます。

$twmsbsWidget.mediaImage.alt

インターネットのパフォーマンス

優れたデジタル エクスペリエンスを提供するためには、アプリケーションの可用性、操作性、そして依存関係という、デジタル エクスペリエンス サプライ チェーンのすべての側面を考慮する必要があります。インターネットなどのさまざまな外部要因が Web アプリケーションの稼動時間に与える影響を理解するには、ルーティング、エンドツーエンドのパス、パフォーマンス (レイテンシやパケットロスなど)、そしてホップごとの評価指標を可視化する必要があります。アプリケーションの操作性を理解するには、アプリケーション レイヤーのデータと、ビジネス トランザクションを監視するための合成機能が必要です。最新のアプリケーションに組み込まれている API やマイクロサービスなどの依存関係による影響を理解するには、この複雑なサプライ チェーンの随所で発生する障害がデジタル エクスペリエンスに与える影響を可視化する必要があります。ThousandEyes が提供するレイヤー間の可視化と合成機能は、パフォーマンスの詳細情報を提供して、実際のユーザー監視ポイントから問題をすばやくトラブルシューティングできるようにします。

サービス提供のためのインフラ

企業では、世界中のユーザーにアプリケーションやメディアを提供するために、多くの重要なサービスに依存しています。サービス提供インフラの中核となるのは CDN であり、ほとんどの業務は外部の DNS プロバイダにも依存しています。サービス提供インフラが複雑になり、サードパーティへの依存度が高くなるにつれ、ビジネスへの影響を与えうるいかなる問題にも事前に対処できるように、サービスのパフォーマンスと到達性の詳細情報をリアルタイムで入手する必要があります。

$twmsbsWidget.mediaImage.alt
$twmsbsWidget.mediaImage.alt

アプリケーション ライフサイクル

運用チームで監視するデータを開発チームでテストすることで、エラーを抑えつつアプリケーション開発をスピードアップできます。問題を予測して捕捉し、アプリケーション開発プロセスの早期に対応することで、コード自身を最適化し、時間のかかる運用開始後の修正を回避できます。ThousandEyes の合成トランザクションを使用すれば、企業は本番環境での運用開始前に評価指標を監視して、顧客への影響が出る前に余裕を持ってエラーを特定して修復できます。 

$twmsbsWidget.mediaImage.alt

インターネットの健全性
とルーティング

インターネット アクセスとトランジットは今日の企業にとっては生命線であり、業務で必要とされる接続を保証するためには、ピアリングと主要な ISP からのトランジットの詳細情報を入手する必要があります。Web サイトやモバイル アプリケーションで収益を上げている企業でも、IaaS や SaaS のアプリケーションに新しい SD-WAN や支店からのインターネット ブレークアウトで接続する企業でも、可用性の高いネットワーク サービスや最適なデジタル エクスペリエンスを保証するためには、BGP ルーティング、ISP パフォーマンス、そして世界規模でのインターネット健全性の監視が不可欠です。

インターネット セキュリティ

インターネットの本質ともなる相互接続、相互依存、そして信頼ベースでの運用は、インターネットが DDoS 攻撃、BGP ルート リークやハイジャック、DNS ハイジャックやキャッシュポイズニングといったセキュリティ上の問題に脆弱である要因にもなっています。これらの問題が悪意から発生したものであっても偶発的なものであっても、セキュリティの問題であることに変わりはなく、インターネット トラフィックを無防備に第三者にさらけ出したり、サービスへの正当なアクセスが妨害されたりする結果を招きます。インターネット トラフィックへのセキュリティ上の脅威とユーザー環境への影響を最小限に抑えるためには、インターネット トランジット、DNS プロバイダ、そして DDoS 緩和サービスなどを可視化する必要があります。

$twmsbsWidget.mediaImage.alt
デジタル エクスペリエンスの可視化を諦めないで
McGraw-Hill は、デジタル化においてカスタマー エクスペリエンスをどのように向上させたか

ThousandEyes を選ぶ理由

ユーザーの場所を想定して監視

Cloud Agents は世界中に配置されており、各都市のリモート ユーザーのアクセスをシミュレーションした現地のトランジット プロバイダやローカル ISP からのパフォーマンス データを提供します。

関連付けられたデータ

アプリケーションの可用性と操作性をネットワーク接続と関連付けて、顧客の視点から監視します。

可視化のギャップを埋める

ThousandEyes は、DNS サーバーや主要なサードパーティ サービス プロバイダ (CDN や ISP など) を監視することで、外側から見た Web アプリケーション パフォーマンスのビューを提供します。

クラウドやデジタル変革を最大限に活用

Upgrade your browser to view our website properly.

Please download the latest version of Chrome, Firefox or Microsoft Edge.

More detail